今日ってどんな日?+ ビアンの気ままな一日

カテゴリ:ビアンU^ェ^U( 69 )


ビアン どうしてますか?



3月5日が四十九日

その日まではまだこちらの世界に居るっていう人もいるし。
お母さんは目に見えないこと以外は信じないけど 時々気配を感じることがあるの。

まだお母さんの近くにいるの?

f0202500_15585879.jpg


幸いなことにペットロスにならずに 今までの分を取り戻すように昼夜あちこち出かけているお母さんだよ(*^^)v

きっと苦笑してるだろうね
ビアンだって自由に動けるようになったんだからいいでしょ(^_−)−☆



逝く日の朝 あなたを抱き上げた時の感触が頭から離れなくて
それだけがちょっと辛い記憶かな。

今はたくさん食べて昔のビアンのように筋肉隆々になっているよね。

もう一度ウチに来てくれるなら 絶対怒らないで甘やかせまくって育てるだろうな。




あいたいよ ビアン








[PR]

by yu_diary | 2017-02-17 16:07 | ビアンU^ェ^U

ビアンの介護の記録とお母さんのその後


f0202500_23552325.jpg


8歳の頃のビアン
細身だけど筋肉がしっかりついてカッコイイなぁ〜(^^)

とにかくボール投げが大好きで20球30球はざらだった。
走って走って走りまくった頃。



ビアンちゃんていつから介護してた?ってよく聞かれるのですが
どこからが介護なのか私もよく分かってなくて・・・
とりあえずの覚え書きを記してみました。

2014年12月 15歳9ヶ月 前庭疾患発作
2015年3月 16歳誕生日 まだ歩ける
2015年5月 16歳3ヶ月 前庭疾患の発作再発 右斜頸が残って歩行が思うようにいかなくなる。家の中ではうろうろしては自分のベッドに戻ることができる。家の中から庭へは完全に抱っこ。

2015年8月 16歳5ヶ月 歩けるが尻餅をつく回数が多くなる。夜中に寝返りが打てなくなって その介助が始まる。
2015年10月 16歳7ヶ月 尻餅をつくがまだ5回に3回は自分で立ち上がれる。
2015年12月 16歳9ヶ月 10歩 歩いてはよろける。尻餅をついてなんとか起き上がることもあるけどほとんど介助しないと立てなくなる。

2016年3月 17歳の誕生日の頃は数歩ならヨタヨタ歩く。
2016年6月 17歳3ヶ月 後脚のナックリングかひどくなる。
2016年7月 17歳4ヶ月 7/ 26 眠剤投薬開始 自作の立たせ椅子で立った姿勢をとらせる。
2016年9月 17歳6ヶ月 まだ立たせると前脚は立てる。後脚を支えるとまだ歩ける。
2016年11月 17歳8ヶ月 前脚は立たせると立つが一歩が出なくなる。
2016年12月 17歳9ヶ月 前脚も力が入らなくなって自立できなくなる。寝たきりからの抱き起こしになる。起きあがりたくでわさわさが酷い。 眠剤の量 種類増える。
2017年1月 17歳10ヶ月 食べる量がだんだん減る。
2017年1月16日 逝く

16歳3ヶ月のころ 二度目の前庭疾患の再発から 介護が始まった気がします。

夜中の寝返りができなくなって何度も起きなくてはいけくなり 一年ほどして 私の体力の限界が来て
夜寝る前に眠剤を飲ませることにしました。そのおかげで私もビアンも助かりました。

1日に3〜4回の圧迫排尿と朝夕2回の強制排便 をしていましたが このおかげでお漏らしが無くて尿や便で汚れるということも
無く 私もビアンも快適に過ごせたような気がします。

17歳9ヶ月の頃に前脚も力が入らなくなり寝たきり。
その後2ヶ弱頑張ってお空に行きました。

起き上がりたくてのわさわさと前庭疾患の発作のわさわさが介護の中で体力的に一番辛かったかな。
前者のわさわさは抱き起こして立たせたり歩かせたり 後者のわさわさは抱きしめて発作が治まるまで待つという
忍耐との戦いだったような。

寝たきりになった最後2ヶ月の介護は楽でした。
トータル1年半の介護だったのだと思います。 やりきったかな。

f0202500_00084456.jpg

ビアンが逝ってからそんなに涙を流さずに暮らせています。
こんな風に過ごせるのは ビアンが頑張って生きてくれたおかげだと思います。

いろんなことを考えて1月16日に逝ったような気がします。

時間を気にせず お出かけもできます。
ビアンありがとね〜と言って外出を楽しんでいます。
私が笑顔でいることがビアンが一番喜んでくれると思うので 遠慮無く楽しんでいます♪
こんな風に元気でいられる自分に少々驚いています。

ビアン本当にありがとう。 やっぱり凄いよ 君は。










[PR]

by yu_diary | 2017-02-01 00:14 | ビアンU^ェ^U | Comments(2)

ビアンのその後



ビアン 昨日から顔も上げず昏睡状態になりました。

昨日の日曜日は家族で過ごすことができました。

みんなそれぞれ心の中でお別れをしたと思います。



f0202500_15242627.jpg

苦しむことなくただただ寝ています。
穏やかな時間が過ぎていきます。


お友達がビアンを訪ねてきてくれます。
幸せなわんこです。

f0202500_15242845.jpg

ありがとう ビアン。

お母さんは 覚悟してるから大丈夫だよ。









[PR]

by yu_diary | 2017-01-16 15:39 | ビアンU^ェ^U | Comments(4)

ビアンのその後


ビアン 今日で17歳と10ヶ月になりました(^_^)b

お正月明けから食べる量がグッと減り 1/3もしくは1/5ほどしか食べなくなりました。

一日中 うとうとしています。


18年全く吠えたことがないこの子が 覚醒しだすとワンワンと吠えます。
上半身を抱き上げてよしよしするとまた寝ていきます。

苦しいとかではなくて 全てに解放されて好きなように欲求をぶつけている感じがします。
吠えてはいけないとずっと訓練してきているので 吠えるということに家族は最初は驚いて
よっぽど苦しいのかと思ったりしたのですが そうではないようです。

もっともっと吠えればいいよ〜(*^^)v



鼻詰まりが酷くて 抗ヒスタミン薬を飲ませたり 加湿器をかけたり 鼻をカイロで温めたりいろいろしましたが
水差しボトルにお湯を入れてそれで鼻の穴を洗ってあげたら 汚れが取れて少しはスッキリしたみたいです。

お薬も効いてきたようで 昨夜はワンワン泣かず二度ほど起きただけでしっかり寝ていました。

痴呆も入ってきたのかもしれません。
私が起きる頃から暫くしっかり寝ます。



やれるだけのことはやって 残りの時間を快適に過ごさせてあげたいと思っています。



昨日来てくれた友人が ビアンは長い時間をかけてこの世とさよならする準備をしてるんだね〜って言ってくれました。
なるほどそういうことなんだと納得(^^♪


泣き虫の私にも もうこれで十分と思わせるように準備させてくれているのだと思います




f0202500_23293457.jpg

画像は昨日友人に撮ってもらった写真です。
ビアンのBFだったゴールデンのモーガスを看取った友人はいつも 「ふたりの写真てないでしょ」 と言って撮ってくれます。

そうなんですよね。 カメラマンは私なのでビアンの写真は腐るほどあるけどふたりで一緒の写真って
ほとんど無いのです(^_^;)

25キロから14キロに痩せてしまったビアン。
ガリガリになっちゃったけど 毛艶はまだとっても綺麗です。




今日はおやつのちゅーるしか口にしません。
寝ては起きてを繰り返しています。

が先ほど(夜11時半)目がシャキっとなったので何か食べる〜?と娘がフードを口に持っていくと
バクバク食べました!
一時的なものなのか 昼夜逆転してしまったのか… よく分かりませんが 今日はとりあえず生き延びました。



どうか神様 苦しませずにそおーっと虹の橋に連れて行ってあげてくださいね(^。^)







[PR]

by yu_diary | 2017-01-12 23:33 | ビアンU^ェ^U

ビアンのその後



昨年末にアップした記事には 「ビアン元気です。食欲もまだあります」って書いたのに
新年になって3日目くらいからフードの固形物を受けつけなくなってきました(T_T)




f0202500_19374899.jpg

水分はシリンジであげると飲みます。

あの手この手で食べられそうなものを作ってあげていますが 通常の1/5くらいの量しか食べていません。


喉に送る力が無くなってきているようです。
無理矢理食べさせようとは思わないけれど こういう場合 何をあげたら喜ぶのでしょうか。
夫は無理に食べさせる方が辛いから水分だけでいいと言います。

寝て起きては発作のようなワサワサの繰り返しです。

うちに来てから吠えたことがないビアンが 今年に入ってから発作のような動作の時にワンワンとなくのです。

苦しいのか辛いのか その声に家族みんな驚いています。



f0202500_19374548.jpg


インスタグラムで 何をあげれば食べてくれるのかしらとpostしたら たくさんのアドバイスをいただきました。

アドバイスを参考にビアンのご飯 色々作りました。
子供の離乳食を作る感覚です。

前庭疾患の後遺症で食べ物が前方向から食べられず マズルの左横からしか食べられないことと
嚥下機能が弱ってきていることを踏まえての食事作りとなりました。

食べさせ方も普通では無理になってきたので シリンジでに入れてあげる方法がいいのですが、
大きめのシリンジでも 粘度があると詰まります。

そこで閃いたのが!お菓子を作る時の絞り袋 これなら粒があっても大丈夫(^_^)b

袋を数枚重ねて使うとふにゃっと折れ曲がらないので片手でも扱えます。

この方法であげるとふやかしたフードと市販のとりささみのあんかけのフードをかなり食べました?.(*´?`*)?.


f0202500_19375166.jpg

水分は大型犬なのでシリンジより鉢に水をあげる容器が重宝しています。
100均の園芸コーナーにあったものです。


正直 もう長くないと覚悟しましたが 食べさせ方によって これほど食べられるようになるとは驚きです。
もう少し一緒にいられそうです。



今 困っているのが鼻が詰まって時折苦しそうにしていること。

赤ちゃん用の吸引機で汚れを吸ってあげたり加湿器をかけたり 抗ヒスタミン薬を飲ませたり
ケアをしているのですがなかなか効果が出ません。

もちろん眠剤や安定剤を使って安眠安息を作ってあげていますが鼻が苦しいのか起きてしまいます。



昨日ビアンのBFだったお空組のかんちゃんのママが心配して飛んで来てくれました。
ビアンの枕元で 一月いっぱいかなぁ〜なんて話してたものだから 死んでたまるかっ!!って
食欲が出てきたのかもしれません(^^)

とにかく余生を快適に過ごさせてあげたいと思っています。










[PR]

by yu_diary | 2017-01-08 20:00 | ビアンU^ェ^U

ビアンのその後




f0202500_21380079.jpg
22日に胃捻転の緊急オペをして25日の午前中退院して5日が過ぎました。
自宅に戻った日は脚が萎えていて 立ったり座ったりがすんなりいきませんでしたが
翌日から徐々に脚の衰えも改善して今では何ともなかったように生活しています。

一番の気がかりが脚でした。
たったの三日ですが 動かさないということがどれだけダメージがあるか気が気じゃなかったので
ほっとしています。
あらためてこの子の生命力の強さに感心しています。
若い頃 よ〜く歩かせたのもよかったのではと思います。
とにかく歩いて走って運動しましたから。

若いワンコ達には走らせるものいいのですが 歩かせることをお勧めします。
歩く筋肉と走る筋肉が違うと聞きました。
老犬になると走らなくなります。 その時のために歩く筋肉を鍛えておくといいのではと
勝手に思っています。

ご飯も退院後からいつも通り食べています。
とにかく今までとなんら変わりなく暮らしています。

f0202500_21374350.jpg
ビアン 頑張ってくれてありがとう。


ビアン15歳4ヶ月18日




[PR]

by yu_diary | 2014-07-30 21:45 | ビアンU^ェ^U

ビアンの受難(突然の胃捻転)



f0202500_01180954.jpg
数日前のブログで ビアンは元気です!って言ったのに・・・

22日の朝 急にぐったりしだして あれよあれよという間にお腹がパンパンに腫れてきて
通常の2倍くらい。 ご近所さんのお友達に手伝ってもらって病院に担ぎ込みました。

エコーで調べると 胃の中に空気がパンパンに入っていて胃捻転の疑いが。
レントゲンで胃捻転 確定。 緊急オペになりました。
その時点で助かる見込みは50%と言われ 胃が壊死していれば術後3日以内だと。
壊死していなくても3日の間に急変する可能性もあるとのこと。

最悪のことを覚悟しました。が 昔から生命力の強い子なので きっと大丈夫とどこかで
思っている私がいました。
けど ちょっとだけネットを見たら 胃捻転になった子の生存率ってかなり低いのに
あわわ・・ となりました。

麻酔から覚めて夕方先生のお話を聞きに覚悟を決めてお伺いすると
「綺麗な胃でした。このまま何も起きなければいい方向に向かっています」とのこと。

やっぱり ビアンさんやってくれました。

胃捻転を起こしてから3時間以内にオペをしないとなかなか助からないとのこと。
早く連れてきてくれたのがよかったですと言われました。
発症した時間が夜中だったらと思うとぞっとしました。


f0202500_01182273.jpg
涼しくていいかも(^^ゞ



15歳を過ぎてこんなオペに耐えたビアンに頭が下がります。
本当にがんばってくれました。

病院だと同じ向きでずっと寝ているそうで また歩こうとしないので これが続くと
ただでさえ弱ってきている脚が萎えてしまいます。

感染症が大丈夫なら とにかく早く家に連れて帰って歩かせないと・・
案の定 病院からの帰りはひとりでは歩けませんでした。
家でマッサージをして 吊りバンドで吊って歩く練習をしたら自分で歩けるようになりました。
がまだまだ筋力は弱っています。 手術前の状態に戻れるといいのですが。

蘇った命 これまで以上に大事に大事に寄り添っていくつもりです。

ご心配くださったお友達 ありがとうございました。
病院に一緒に担ぎ込んでくれて その後もずっと見守っててくれたTさん。
本当にありがとうございました。 どれだけ助けられたことか・・ 感謝しています。
そして伊原木先生 スタッフの皆様 ビアンを助けてくださって本当に本当に感謝します。


ビアン15歳4ヶ月13日



[PR]

by yu_diary | 2014-07-25 11:50 | ビアンU^ェ^U

ジューンベリーの季節



f0202500_13101980.jpg


庭のジューンベリーの実がところどころ色付き始めました。
そういえば あと10日ほどで6月ですものね。

今年は 庭師さんがかなり剪定されたので 今までの半分くらいの実しかならない感じですが
楽しみな時期がきました。

f0202500_13103820.jpg


ムクドリが赤くなってきた実を狙って朝からやってきます。
このままだと全部食べられちゃうので(^_^;) 例年通り ナイロン糸を引っかけて簡易鳥対策をしました。 

高い枝の実はお裾分けしてあげるからね~




ビアンも元気にしています。
だんだん暑くなってきたので 夕方のお散歩は随分遅く出ることにしています。
ちょっと西日が強いと 途端に はあはあー 息づかいが荒くなります。
 
食欲もあるし 病気も出ていないけど 後ろ足の衰えは進んできています。
立つことより歩いている方が楽みたいです。

f0202500_13103051.jpg

f0202500_13123146.jpg
15歳2ヶ月にしては 随分元気なんだと思うけど 寿命がいつまであるのかなぁ。

今も私の横で よ~く寝ています。
低反発マットで寝ているので 15歳を過ぎたのに脚にはタコが全くありません。 綺麗な子です。

がんばろうね(^_-)



ビアン15歳2ヶ月8日






[PR]

by yu_diary | 2014-05-20 13:18 | ビアンU^ェ^U

まだ走るよの♪



 

f0202500_23514696.jpg
ビンさん あと3ヶ月で15歳になります。
朝夕のお散歩も欠かさず行っています。
けどとってもゆっくりな歩行です。  後ろ脚の筋肉が随分落ちました。
時々後ろ脚がもつれてよろよろしたりもしますが 行きたい場所にはさっさか歩いて行きます。


苦手は段差。 道路の縁石はもうまたごうとしません。 
なので階段も一段目に脚をかけるのにも時間がかかります。
一段目が登れれば あとはスタスタ上がっていけるのですが。 

目はまだ見えています。 多少は見にくいのかもしれませんが。 
年相応の白内障にはなっていますが まだ大丈夫のようです。

耳は 確実に遠くなっています。 
そのおかげで こちらも都合がいいこともあります。  つまみ食いしても気付かれません(^^ゞ

不思議なことに短距離ならボールを追いかけて走ることができます。
ぴょんぴょん飛んだ方が歩くより楽なのかもしれません。

ブレた画像ですが走っている写真を残しておきたいので…。

f0202500_23523674.jpg
f0202500_23525758.jpg
f0202500_23531206.jpg
これくらい寒い方が 元気に動いています。
今から考えるのもなんですが 来年の夏が怖いです。


私も今日でひとつ年を重ねました。 
ビアンと一緒に頑張っていこうと思います(^_-)



ビアン14歳9ヶ月4日

 

 


[PR]

by yu_diary | 2013-12-16 23:57 | ビアンU^ェ^U

病院嫌い



iPhoneより062.gif 病院にて

f0202500_23144521.jpg

いつの頃からか 病院が大嫌い。
大病は前十時靱帯を切って 人工靱帯で骨を繋いで半月板を取り除いた手術くらいで
耳掃除と爪切りと健康チェックに数ヶ月毎に行くだけ。

そのたびに駐車場の車から降りようとしないし 待合室ではそわそわ落ち着かず 診察室ではいつでも帰れるように
ドアの前で後ろ向きで待機。

毎度のことですが笑えます。 先生はとっても優しいのに。

帰りに車に乗ると ふぅ~と絶妙のタイミングでため息。
f0202500_23191917.jpg

ビアン14歳6ヶ月16日
混合ワクチン9種接種 爪切り
[PR]

by yu_diary | 2013-09-28 23:21 | ビアンU^ェ^U